注意: このページは最後に更新されてから 2759 日が経過している記事です。 文章が腐敗している可能性があります。その点を考慮した上で確認ください。

「オブジェクトの現在地保存/復元プラグイン」の版間の差分

提供: kimoto's wiki

 
行18: 行18:
  
 
= ダウンロード =
 
= ダウンロード =
[http://kimoto29.sakura.ne.jp/misc/prop_physics_revert.smx prop_physics_revert.smx]
+
[http://game.kymt.me/misc/prop_physics_revert.smx prop_physics_revert.smx]
 
[https://gist.github.com/868289 ソースコード]
 
[https://gist.github.com/868289 ソースコード]

2012年7月9日 (月) 15:09時点における最新版

概要

Tankで定点オブジェクトの練習をより簡易にするためのSourceModプラグインです。prop_physics_save_all と prop_physics_restore_all を任意の好きなキーにbindして使ってください もちろんbindしなくてもOKです

追加されるcvar

prop_physics_save_all - すべてのphysicsオブジェクトの現在位置と向きを保存します
prop_physics_restore_all - 保存したすべてのphysicsオブジェクトの位置と向きを復元します

詳細

physicsオブジェクトとは、物理演算が適用されたオブジェクトのことです L4Dではこれはプレイヤーが動かすことが出来るすべてのオブジェクトです たとえばゴミ箱だったり、車、木材などなど 現状、すべてのオブジェクト(三角コーンとかくだらないものも含め)の座標を保存しちゃってるのでとても重い

ダウンロード

prop_physics_revert.smx ソースコード