注意: このページは最後に更新されてから 3561 日が経過している記事です。 文章が腐敗している可能性があります。その点を考慮した上で確認ください。

「セキュリティ/用語の整理」の版間の差分

提供: kimoto's wiki

14行目: 14行目:
 
**SSLと同義語。これが正しいがSSLというのが普及してしまっているみたいな
 
**SSLと同義語。これが正しいがSSLというのが普及してしまっているみたいな
 
*クライアント証明書
 
*クライアント証明書
**まずサーバー側で秘密鍵と公開鍵のペアを生成し、秘密鍵とそのハッシュ値の電子署名を認証期間に署名してもらい、X509証明書とする。これをユーザーに配布し、公開鍵認証における秘密鍵の一意性をもとにユーザーをログインさせるみたいな仕組み。
+
**まずサーバー側で秘密鍵と公開鍵のペアを生成し、秘密鍵とそのハッシュ値の電子署名を認証期間に署名してもらい、X509証明書とする。これを安全な経路でユーザーに配布し、公開鍵認証における秘密鍵の一意性をもとにユーザーをログインさせるみたいな仕組み。

2012年12月30日 (日) 02:05時点における版

  • PKI
    • Public key infrastructure (公開鍵基盤)
  • PGP
    • Pretty Good Privacy
    • ユーザー間で署名しあう仕組みの公開鍵認証方式
  • GPG
    • GNU Privacy Guard
    • PGPのOpen Source実装
  • SSL
    • Secure Socket Layer
    • PKIの一つ
  • TLS
    • Transport Layer Security
    • SSLと同義語。これが正しいがSSLというのが普及してしまっているみたいな
  • クライアント証明書
    • まずサーバー側で秘密鍵と公開鍵のペアを生成し、秘密鍵とそのハッシュ値の電子署名を認証期間に署名してもらい、X509証明書とする。これを安全な経路でユーザーに配布し、公開鍵認証における秘密鍵の一意性をもとにユーザーをログインさせるみたいな仕組み。