注意: このページは最後に更新されてから 3473 日が経過している記事です。 文章が腐敗している可能性があります。その点を考慮した上で確認ください。

病気/凍傷

提供: kimoto's wiki

2013年2月8日 (金) 04:31時点におけるKimoto (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「Wikiに移し忘れてたやつ == 概要 == 寒すぎて中枢の体温を保持するために、末端の血流を下げるという機構があり、それのせい...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

Wikiに移し忘れてたやつ

概要

寒すぎて中枢の体温を保持するために、末端の血流を下げるという機構があり、それのせいで手の指とか、足の指の細胞に十分血液がいかなくなって壊死しやすいことに起因する。

気づいたこと

  • 氷が手袋に付着してそれが体温で溶けて水になり、手袋に浸透し、また凍る。これの繰り返しで手が冷える。ということもあるのか。

参考になるリンク